経営理念

【ごあいさつ】

これまで、紙の消費量はその国の文化や産業水準を測るバロメーターと言われてきました。

デジタル化が進行・浸透し、紙の需要が減少傾向にある一方で、未就学児の脳の発達に及ぼすディスプレイの影響や、絵本がその育成を促すことなどが明らかにされるなど、紙の伝える力が見直されています。

また素材としての紙の開発により、パッケージを始めとして木や布の代替素材として利用されるなど、新しい機能をもたせることで、紙の持つ可能性は広がっています。

弊社は従来品の安定供給はもちろんのこと、それぞれのお客様のニーズに合った新商品情報を素早く提供することによって、お客様にとっての新しい仕事に繋がるよう提案をさせていただく営業活動をしております。

メーカーとユーザーの皆様との接点に立ち「紙文化」の発展に微力ながら貢献したいと思っております。

【企業ポリシーは2つのHCC】

心温まるコミュニケーションを通じて信頼を築く
(Heartfull Communications and Confidence)
人間味あふれる、ぬくもりのある企業を目指す
(Human Conscious Company)

【行動の10年】出来る事から始めようSDGs

当社の取り組み

 


海洋ごみの削減貢献の為、生分解性プラスチックを使用した製品はもちろん
バイオマス度90の表示が可能な製品も取り扱っております。
また、プラスチックから紙への切替提案も同時に行う事が可能です。

 


森林の持続可能な管理に貢献する為、FSC®COC認証(JIA-COC-200003)を取得しております。
また、資源の有効活用(クローズドリサイクル)の観点から
段ボールや古紙、機密文書をセキュリティーレベルの高い状況下で回収をし再生する事で
再度お客様へ還元する取り組みも行っております。

 

【沿革】

昭和25年3月

創立者浅野貞治、荒川区にて個人営業開始

昭和27年7月

台東区日本堤の現在地に営業所を移転

昭和31年4月

有限会社浅野洋紙店に組織変更
代表取締役社長に浅野貞治就任
資本金100万円

昭和45年5月

業務拡大のため株式会社浅野洋紙店に組織変更
資本金200万円に増資

昭和46年2月

資本金400万円に増資

昭和51年10月

創業者死去に伴い、代表取締役社長に浅野ミヨシ就任

昭和52年4月

資本金1,000万円に増資

昭和60年5月

資本金2,000万円に増資

     11月

新社屋、倉庫、断裁工場完成

昭和61年5月

アイ株式会社(紙加工業)設立

平成 3年11月

CI実施に伴い、社名を株式会社アサックスに変更

平成 5年2月

代表取締役社長に浅野精一就任

平成12年9月

共同物流に参加

     10月

アイ株式会社吸収合併
株式会社アサワ設立(製袋加工業)

平成17年3月

株式会社アサワ解散

令和 2年1月

FSC®COC認証を取得 JIA-COC-200003

令和 3年1月

産業廃棄物収集運搬業許可
東京都 第13-00-218593号
廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、金属くず、ガラス・コンクリート・陶磁器くず、がれき類
以上8種類